広島県のサブリース事例

A.Fさんの場合

サブリースというと、あまりピンとこなかったのですが、家族に不動産の一種、大家さんと入居者の間に入る仲介人と説明され、納得しました。実家の近くの土地でサブリースしてくれる業者を募集していたので、早速名乗りをあげると、あれよあれよという間にアパートが建ち、入居者が入りました。 始める前までは不安でいっぱいでしたが、実際に初めてみると、なんとかなるもので、初めてから3年が経ちました。今では立派な仕事です。

F.Mさんの場合

アパート経営を考えていた時に、テレビやインターネットで家賃保証という各管理会社の売り文句を目にし迷っていました。せっかくお金を掛けて立てた物件をうまく運用して行くため、少しでも条件がよい所へ管理を任せたかったのです。


一括借り上げの条件は本当に各社様々で何を優先するかは大家さんしだいなので、一括請求で実際手元で資料を見比べられて、納得して契約することができました。自分では見つけきれない会社さんの資料まで届いたのも嬉しかったです。

D.Sさんの場合

以前に将来の資産運用にでもなればと思い購入していたマンションを持っていました。しかし、この不景気で中々、上手く運用する事も出来ず、手放すことを考えていました。その時、不動産に詳しい知り合いからサブリースを勧められました。


それな妙段だと思い、直ぐに家賃保証のことを調べる為に一括資料請求サービスを利用しました。届いた資料を見てみると、やはり専門家により管理から来る安心感は大きく、そこから前向きに考え始め、条件の合う所を検討しています。
このページの先頭へ