東京都江東区のサブリース事例

A.Hさんの場合

江東区でマンションを経営しています。最近ちらほら空き家が目立つようになったので、収入にもムラが出てきました。そこで、サブリースサービスを始めることにしました。これなら空き家を代わって埋めてくれるはずです。3社ほどに見積をとって、そのうち1社と契約をしようと思っています。長期的にはメリットがあると信じています。

E.Nさんの場合

サブリースとは家賃保証とも言い、賃貸物件の管理や運営を不動産会社が引き受けてくれることで、さらに空き家の賃料までも保証してくれるシステムである。その代わり大家は家賃収入の1割から2割を不動産会社に支払うと言うものである。


このシステムは賃貸物件を所有しているものの、不動産知識不足や経営に関しての知識に不安がある場合に心強いシステムである。さらに賃貸物件の住人のトラブルや苦情などにも対応してくれるのだから、ぜひ利用したいシステムである。

I.Oさんの場合

親が、持っている物件を業者の言われるままにしようとしていました。しかし他社と一度も比較もしないで決めるのは間違いだと意見して、一括借り上げの条件を調べ上げるため一括資料請求サービスをすぐに利用しました。


集まった資料と業者の資料をつき合わせてみると、こちらに若干不利な部分が見つかりました。業者とその点について粘り強く交渉していき、結局前よりもいい条件に持ち込めました。家賃保証という言葉に簡単に騙されなくてよかったです。
このページの先頭へ