キーワード「一括見積り」関連の口コミ

D.Eさんの場合

近所にアパートを所有しています。今まで自分ですべて管理してきましたが、年を取ったのでそれが負担になり、この度サブリースを検討しています。家賃保証してくれるようなので、その方がよいかなと思った次第です。


管理会社も色々あるかと思いますので、一括資料請求サービスを使って、資料を取り寄せてみました。どの会社も仕組みはほぼ同じですが、管理方法などが異なるようですので、吟味が必要かと感じております。資料を比較して検討してみます。

H.Tさんの場合

父親からアパートを一棟譲り受けたんですが、いくつか空室があるため、サブリースのサービスがある管理会社と契約を結ぼうと思ってます。そこで、ネットの一括資料請求サービスを利用して各社の条件を調べようと思いました。


5社から資料が届いたので比較したところ、家賃保証の条件がそれぞれ違うんです。ほとんどが契約期間が2年ですが1社だけ5年だったので、その会社の説明を聞くことにしました。5年間更新料も据え置きなので、その会社に決めました。

H.Sさんの場合

去年に不動産会社と契約をして賃貸アパート経営を始めるための準備をしていました。経営を始める前に、家賃保証に入ったほうが良いと会社に勧められて、私も同意したのです。そこで資料を得るためにサブリース一括資料請求を使いました。


復数の会社から希望した資料を取り寄せることができ、見比べながら保証を選んでいきました。あまり管理に手を出したくなかったので、修理や点検も委託できる保証を選びました。賃貸経営開始後は管理をせずに済んでいます。

T.Uさんの場合

私は土地活用のため、所有地をサブリースで業者に一括借り上げをしてもらうことに決めました。家賃保証や空室保証の条件を調べるため、サブリースの一括見積サービスを利用して、いろいろな業者から見積りを取りました。


取得した見積りには、空室保証等の条件が詳しく記載されていました。私は空室保証や不動産管理などを全て引き受けてくれ、安定した収益が得られる不動産業者と契約することにしました。空室が出ても家賃を保証してくれるので安心です。

F.Yさんの場合

私は、複数のマンションやアパートを経営しています。一括借り上げにすると家賃保証もされてよいときいたので、それを検討していました。しかし、現在契約している仲介業者はそのような情報を持ち合わせていませんでした。


なので、情報を仕入れるために一括資料請求サービスを利用しました。これは、大家向けのサービスです。資料請求した数日後に、各業者の資料が自宅に送付されてきました。欲しい情報が一度に集まって、とても便利でした。

H.Nさんの場合

アパート経営で家賃収入をえるために、家賃保証の一括借り上げの条件を調べることにしました。その際、サブリースの一括資料請求サービスを利用したところ、システムに関する一定の基準や条件を把握することができました。


資料請求した不動産会社には、期間満了に伴う借り上げ契約の再契約や賃料の見直しについて分かり易く明記されていました。そのため、初心者の私でも借り上げの条件を理解することができ、資料請求のサービスにとても満足しています。

E.Uさんの場合

アパート経営の鍵は立地ですが、立地が良くても時代の変化による人の流れの変化には勝てません。やりん保証の一括借り上げを謳っている業者がいるので一括賃料請求サービスで資料を収集してそれぞれの条件を比較検討しました。


長期に渡って安定的な家賃保証してもらうことを前提に資料を検討しました。大体が賃料の80%から85%の保証でした。あまりバラつきが大きくないので、長期間安心して任せられる経営が安定している大手業者を選んで委託しました。

A.Kさんの場合

マンションを購入しましたが、海外赴任が決まりました。長期間留守にするので、親戚や友達に貸す・売却する等の決断をしなければなりません。同時進行でネットで調べていたら、サブリースという言葉を見つけました。


自分はよくわからず、複数の不動産会社に一括査定をお願いしました。心配なので大手の不動産会社にお任せすることにしました。入居者の募集、マンションの管理もしてもらえて、家賃保証があるなんて…大助かりです。

H.Nさんの場合

これまで自身でアパート経営をしてきましたが、後継者もおらず高齢になってきたこともあり管理会社に委託することにしました。経営がしっかりしている不動産会社にお願いしたいので、いくつかの会社に資料請求をしました。


その中でサブリースという制度を活用し、事業拡大していると宣伝している会社があったので担当者から説明して貰うと空室になっても家賃保証がされており安定した家賃収入が得られるとのことでしたので魅力に感じこの会社と契約しました。

F.Tさんの場合

安定的な不労所得を得ることができる大家業に興味を持ったのですが、本業は会社員ですので、なるべく軽い負担で大家になりたいと考えました。そのためには、アパートを丸ごと借り上げてもらえるサブリースが最適だと思いました。


 そこで、インターネットの一括資料請求サービスを利用して、各業者の家賃保証の条件の差異を調べてみました。業者から送られてきた資料には、メリットだけでなくデメリットもきちんと書かれていたので、納得して契約が結べました。
このページの先頭へ