サブリースとは

アパートの運用で問題となるのが、空室によるリスクと家賃滞納によるリスクの二点です。
もしも、建てたばかりのアパートでこうしたリスクが発生してしまえば、ローンを支払うことができず大きな問題となります。
そこで、サブリースを行う事によって、こうしたリスクを小さくする事が可能になります。

又貸し

サブリースとは、日本語で簡単に表記すれば又貸しという言葉が適切です。
つまり、サブリース会社がアパートなどの物件を一括借り上げを行うという事です。
この、一括借り上げをしてもらうメリットとしては、空室リスクや家賃滞納リスクを回避する事ができるという利点があります。
そのため、家賃保証や空室保証と呼ばれる事もある仕組みです。

豊富なメリット

サブリース契約を結ぶ事には、物件のオーナーにとって様々なメリットが存在します。
まず、空室リスクや家賃滞納リスクが無いため収入が安定する事からローンの支払いに悩む必要が無くなります。
安定収入を得る事ができるため、事業を計画的に進める事が可能です。

また、入居者の募集や建物の管理なども全て任すという契約の場合、住民問題に頭を悩ます必要が無くなります。
建物の改修などもサブリース会社が受け持つ事もあり、管理がしっかり行われるため、安心して日々を過ごす事が可能です。
この他にも、確定申告の簡易化、一定収入の確定により融資を受けやすくなるなど、様々なメリットが存在します。